/

この記事は会員限定です

医療逼迫に危機感 首都圏3県、緊急事態要請

第5波、最大の感染爆発に 宣言効果には疑問も

[有料会員限定]

首都圏で新型コロナウイルスの「第5波」による急激な感染拡大が止まらない。28日の1都3県の新規感染者数は5千人を超え、過去最大の感染爆発となった。医療体制の逼迫が進む中、危機感を共有する3県は29日に緊急事態宣言の再発令を政府に要請。既に発令中の東京都と足並みをそろえて対策にあたる方針だが、宣言の効果が薄れ、ワクチン接種以外に有効な手立てが少ないとの見方が強い。

28日に新規感染者数が初めて千人を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン