/

この記事は会員限定です

法律の定める「境界」が持つ意味

渡辺博史 国際通貨研究所理事長

[有料会員限定]

最近の経済事象・案件を見ていると、行政側の対応が不安定になっている感がする。法律上「行うな」とされることまで行うという論外なことも起きている。そこまではいかなくとも、法律で「行え」とされているものを行わず、「行え」とされていないことをやってしまう、ということが散見される。

行政の行為は、許可、認可、命令、審査、判定と種々あるが、民間の活動への制約、警告にとどまらず、介入、復旧という大きな効果まで持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン