/

企業の「社内炭素税」 課題は? 具体的な行動・結果、開示を

SOMPO未来研究所 副主任研究員 松崎絢香氏に聞く

[有料会員限定]

温暖化ガスに対して社内で独自に価格をつけ排出量の削減につなげる「インターナル・カーボンプライシング(ICP)」を活用する企業が世界で増えている。日本でも導入が進み始めた。拡大の背景や課題についてSOMPO未来研究所の松崎絢香副主任研究員に話を聞いた。

政府による炭素税や排出量取引などのカーボンプライシングとは異なり、企業が独自に炭素価格を決め、投資判断に使ったり実際に社内でお金を集めて環境関連の投資の原資に...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン