/

この記事は会員限定です

お笑い芸人 ビビる大木(4)

『渋沢家三代』 偉人の息子の苦悩思う

[有料会員限定]

大河ドラマの主人公として日曜日のお茶の間に登場する渋沢栄一は「日本資本主義の父」として500社もの会社設立・運営に携わった偉人だ。彼の一生から学ぶことはたくさんあるが、渋沢家を通して栄一の人生をたどると違ったものが見えてくる。

栄一、篤二、敬三と孫の代まで渋沢家を追った佐野眞一さんの『渋沢家三代』(文春新書)には偉大な父を持つ2代目の悲しさが垣間見える。

栄一の嫡子である篤二は10歳のとき、母親を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン