/

この記事は会員限定です

「補助金漬け輸入」に高関税

経産省、不当な安値相殺 発動拡大へ米欧と連携

[有料会員限定]

経済産業省は外国政府の補助金を受けて不当に安く輸入された製品に課す「補助金相殺関税」の活用拡大へ、米国や欧州連合(EU)当局と情報共有の枠組みを設ける。日本企業向けに相殺関税の発動を政府に申請する際のガイダンス(指針)もつくり活用を促す。「補助金漬け」と指摘される中国の鉄鋼などを念頭に、市場をゆがめる貿易に対抗する。

外国企業がその国の政府による手厚い補助金を受けて生産した製品を安く輸出すると、輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン