/

この記事は会員限定です

「空調大国」へ インド官民始動

ダイキン、新工場で一貫生産 政府、奨励金で後押し

[有料会員限定]

インドで、エアコンの一大製造拠点を目指す動きが広がっている。現地最大手のダイキン工業や地元企業が工場の新増設を計画。政府も振興策を講じ、2029年に国内生産量で19年比8倍の4000万台を目指すもようだ。視線の先にあるのが、アフリカなどへの輸出だ。高温や地域で異なる気候特性を武器に、技術力に磨きをかける。

「新工場を2023年までに稼働させ、現地調達率をほぼ100%に高める」。ダイキンの峯野義博副社長はインド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン