/

この記事は会員限定です

加速する少子化(下) 中国に迫る「未富先老」

大泉啓一郎・亜細亜大学教授

[有料会員限定]

5月11日、中国国家統計局は人口センサスの結果を発表した。2020年の出生数は前年比2割減の1200万人で、合計特殊出生率は1.3となった。

少子化の原因とされていた「一人っ子政策」は15年末に廃止されている。第2子までの出産が認められたにもかかわらず、出生率は低下し続けている。これを受け中国政府は第3子の出産を認める方針を発表した。

出生率の低下(少子化)は、今や中国や先進国に特有の問題ではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン