/

この記事は会員限定です

楽天G株、一時9%安

S&Pの格下げ嫌気

[有料会員限定]

27日の東京株式市場で楽天グループ株が急落し、一時前日比115円(9%)安の1198円と約4カ月半ぶりの安値をつけた。格付け会社S&Pグローバル・レーティングが26日、楽天Gの長期発行体格付けを「トリプルBマイナス」から投機的水準となる「ダブルBプラス」に1段階引き下げたと発表したことが悪材料視された。

終値は96円(7%)安の1217円で、時価総額は節目の2兆円を3週間ぶりに割りこんだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン