/

この記事は会員限定です

比大統領、対中配慮が鮮明

任期最後の施政方針演説

[有料会員限定]

【マニラ=志賀優一】フィリピンのドゥテルテ大統領が26日、施政方針演説に臨んだ。同国は米国の同盟国だが「すべての国と協力し効果的な連携を模索していく」と各国との等距離外交を主張。中国に対する融和的な発言が目立った。経済協力や新型コロナウイルスワクチンで中国に依存する中、対立する南シナ海の領有権問題で中国に強く出られない実情を映している。

来年6月に任期満了を迎えるドゥテルテ氏にとって今回が最後の施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン