/

この記事は会員限定です

テスラ最高益「本業」で稼ぐ 排出枠収入依存を脱却

4~6月 販売、四半期最多に

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米テスラの業績が急改善している。世界的な半導体不足の中でもフル生産に近い操業を続け、26日に発表した2021年4~6月期決算は売上高と最終利益がそろって過去最高を更新した。他の自動車メーカーへの温暖化ガス排出枠(クレジット)の売却収入を除いても黒字の水準を確保し、ものづくりで稼ぐ力を示し始めた。

「サプライヤーとは深夜1時まで何度も電話で連絡を取り合い、多くの欠品を解決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン