/

この記事は会員限定です

26年後の褒め言葉 戸井田和彦

[有料会員限定]

「ドラッカーを学びたい」。大学1年の終わり頃、ゼミの選考面接でそう話す僕に「それなら本人のゼミにでも行けば?」。これが我が師、経営学者の野田一夫先生との出会いだ。ドラッカーを日本に紹介した先生の功績を意識しての志望理由だったが、見透かされていたのだろう。いま思い出しても冷や汗が出る。

その後も優秀とはいえない教え子だったと思う。他大学の有名ゼミとのディベート大会では足を引っ張り、極め付きは就職先だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン