/

この記事は会員限定です

「五輪パラ」サイト 類似ドメイン1753件に

早大調べ、悪質サイト148件か

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック公式サイトと類似するドメイン(インターネット上の住所)が1753件取得され、このうち148件が個人情報を盗むことなどを目的とする悪質な偽サイトに使われているとみられることが26日、早稲田大の森達哉教授(情報セキュリティー)らの調査で分かった。

東京五輪の観戦チケット購入者やボランティアのIDとパスワードがネット上に流出していたことが発覚。原因は大会組織委員会へのサイバー攻撃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン