/

この記事は会員限定です

低学年 勉強につまずいたら

計算、文章題…対応変える 花まる学習会代表 高浜正伸さん

[有料会員限定]

素直でやる気に満ちた小学校低学年の子どもたち。勉強で苦手意識を持ってしまった場合、親はどのように寄り添えばいいか。日経BPの子育て世代向け情報サイト「日経xwoman DUAL」から、花まる学習会代表の高浜正伸さんの助言を紹介する。

低学年で学ぶことは生きていく上で必要なものばかりだ。文字や計算、時計の読み方などを私は「基盤力」と呼んでいる。多少つまずいても、必ずできるようになる。保護者には心配し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン