/

この記事は会員限定です

心ひとつ、次代の輝き 体操団体銀

四銃士、僅差で連覇逃す

[有料会員限定]

男子団体総合決勝 男子団体総合の決勝が行われ、予選を1位通過した日本(萱和磨、谷川航、橋本大輝、北園丈琉)は6種目合計262.397点で銀メダルだった。リオデジャネイロ五輪に続く連覇はならなかった。予選3位のROCが合計262.500点で金メダルを獲得し、同2位の中国は銅メダル。

予選の得点は持ち越さず、各種目3人が演技して得点の合計で争われた。床運動からスタートした日本は、4つ目の跳馬を終えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン