/

この記事は会員限定です

温暖化リスク算定に新手法 三井住友銀

衛星やAI駆使、企業の情報開示基盤に

[有料会員限定]

三井住友銀行は衛星データや人工知能(AI)を駆使して水害による損失リスクを世界で初めて開示する。世界の金融当局は銀行や企業に気候変動リスク(総合2面きょうのことば)の開示を求め始めているが、試算の前提がバラバラだった。三井住友の新手法は精度を高める形になる。分析結果を踏まえ、情報開示について対話することも視野に入れており、情報開示の基盤として企業の利用が広がる可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン