/

この記事は会員限定です

雑紙混じり「ミックス古紙」、国内滞留懸念高まる

アジアで輸入規制強化

[有料会員限定]

雑紙が混じったミックス品を中心に、古紙が日本で滞留する懸念が高まっている。環境規制を強める中国がここ数年で段階的に古紙の輸入を減らし、今年から全面的に輸入を禁止。周辺のアジア諸国も同様にミックス古紙の輸入禁止を打ち出し始めたためだ。行き場を失えばミックス古紙の需給動向や資源循環システムにも響いてくる。

ミックス古紙とは、新聞や雑誌、段ボールを除く、チラシや紙袋、紙箱などその他の紙を束ねたものを指す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン