/

この記事は会員限定です

シートラン・グローブズ・タイランド(タイ) コロナ下の需要で業容拡大

ゴム手袋、生産能力3倍へ

[有料会員限定]

タイのゴム手袋最大手シートラン・グローブズ・タイランドが新型コロナウイルスの流行に伴う需要増を受けて業容を拡大している。新規株式公開(IPO)で得た資金で工場を増強し、生産能力を2026年に現在の約3倍に引き上げる目標を掲げている。

天然ゴム大手シートラン・グループ傘下で、ゴム手袋製造ではマレーシアのトップ・グローブなどに続く世界3位だ。新型コロナの特需を受けて20年7月にタイ証券取引所に上場し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン