/

この記事は会員限定です

店頭低迷の百貨店、企業向け直売を拡充 信用力生かす

三越伊勢丹、顧客社員に移動店舗/そごう・西武は拠点増やし地域密着

[有料会員限定]

店頭販売の低迷に苦しむ百貨店各社が企業向けビジネスに活路を探っている。三越伊勢丹ホールディングス(HD)は「移動店舗」を導入するなど顧客数を現状の2倍の2000社まで増やす。そごう・西武は専用の営業拠点を仙台市などに新設する。百貨店の信用力を生かして店外の事業を拡大し、店頭の落ち込み分を補いたい考えだ。

三越伊勢丹HDは7月、三井物産と組んで移動店舗用のトレーラーハウスを導入した。事前に法人顧客の社員とのチャットでニーズを聞き取っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン