/

この記事は会員限定です

電算システム、被害防止 ランサムウエアで「おとり」

偽の履歴誘導、ソフト販売

[有料会員限定]

コンビニ収納代行サービスの電算システムは、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)攻撃を受けた際に「おとり」の偽データを自動で生成し、重要データの被害を防ぐサービスの提供を始める。イスラエル系企業のソフトを販売するとともに、導入企業ごとに専門人材が効果的な設定をサポートする。

料金はソフト利用と専門人材によるサポートで年500万~1千万円前後を想定する。このほどイスラエルの対策ソフト会社「トラップデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン