/

この記事は会員限定です

中国独禁法、革新損なうリスク

[有料会員限定]

反トラスト法(独占禁止法)は極めて米国的なものとされてきた。1773年のボストン茶会事件も、英東インド会社による茶葉の独占販売への抗議という側面があった。

トラストとは「市場の独占を狙う企業」に由来する。19世紀の米経済で一大勢力を築いた石油大手スタンダード・オイルは一例だ。反トラストとはそうした企業と戦うことを意味する。20世紀により広い意味を持つようになり、企業の自由な活動だけでなく、政治的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン