/

この記事は会員限定です

世界を魅了 明治の焼き物(10) 森村組「色絵金点盛薔薇文水注」

美術史家 森谷美保

[有料会員限定]

色鮮やかな薔薇(ばら)を主文に、金彩と金点盛をふんだんに用いた華やかなデザイン。瀟洒(しょうしゃ)な取っ手の付いた優美な姿は、ヨーロッパ製品と見まがうほどだが、これは森村組による輸出陶磁器である。

明治中期以降、輸出陶磁器の製造販売で頭角を現した森村組は、シカゴ・コロンブス万博が開催された1893年、製品制作の方針を大胆に変更する。それは、陶磁器の絵付けを日本風から、西洋風へと変更することだった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン