/

この記事は会員限定です

データ時代に適した省エネ策に

ピュア・ストレージ・ジャパン社長 田中良幸

[有料会員限定]

データの利活用やデジタルトランスフォーメーション(DX)が政府・民間を問わず喫緊の課題となっている。だが「データの時代」は地球環境問題など、国連のSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みに水を差す側面もある。データ処理に要する電力エネルギーが急増しているためだ。

米調査会社IDCによると、全世界で生成・消費されるデジタルデータの総量は2020年時点で59ゼタバイト。テレビ録画用のハードディスク容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン