/

この記事は会員限定です

ビジネスモデル問う米独禁当局

「損して得取れ」にワナ 編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

バイデン大統領が米独禁政策の改革に乗り出した。巨大IT(情報技術)企業の分割を提唱するカーン氏を連邦取引委員会(FTC)委員長に任命した後、競争を促進し寡占や独占を防ぐため監視・法執行を強化するよう担当省庁に命じる大統領令を出した。

M&A(合併・買収)審査が厳しくなるなど、米国で事業展開する企業には直接的な影響が出そうだ。一方で中長期的に世界の企業経営に影響を与えるかもしれないのが、アマゾン・ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン