/

この記事は会員限定です

柔道男子 高藤が金1号

渡名喜は銀

[有料会員限定]

東京五輪第2日の24日、柔道男子60キロ級決勝で高藤直寿(パーク24)が楊勇緯(台湾)を下し、今大会日本勢の金メダル一番乗りとなった。女子48キロ級の渡名喜風南(パーク24)は銀メダルを獲得。渡名喜は今大会の日本勢のメダル第1号となった。(関連記事をスポーツ4面、社会面に)

競泳男子400メートル個人メドレー予選では前回銅メダルの瀬戸大也(TEAM DAIYA)が全体9位となり8選手による決勝進出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン