/

この記事は会員限定です

先進国、賃金上昇抑制も 越境リモート労働拡大

ジュネーブ国際高等問題研究所 ボールドウィン教授に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍を受け、オンラインで国境を越えて仕事を請け負う「越境リモートワーカー」が増えている。コロナ禍の前からこの分野を研究するジュネーブ国際高等問題研究所のリチャード・ボールドウィン教授に今後の見通しなどを聞いた。(1面参照

――コロナ禍でテレワークが広がりました。

「コロナのパンデミック(世界的大流行)の前から行われていたテレワークが加速してきた。当初は同じ会社や同じチーム内での取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン