/

この記事は会員限定です

車素材高騰、脱炭素の壁に 大手6社 1兆円減益要因

電動車向け、リチウム1年で倍以上

[有料会員限定]

自動車の環境性能を高めるのに使う素材価格が上がっている。車載電池に使うリチウムは1年で2倍以上になった。銅なども含む原材料価格の上昇は、日本の自動車大手6社の今期の利益を1兆円引き下げる要因になる。「環境素材」は中期でも値上がりする可能性が指摘されており、脱炭素に向けたハードルの一つになる。

原材料の中でも上昇が目立つのが車載電池に使うレアメタル(希少金属)だ。リチウムは指標となる中国での炭酸リチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン