/

この記事は会員限定です

(社説)取締役会を多様で専門性豊かなものに

[有料会員限定]

東芝の株主議決権行使への介入や、三菱電機による検査不正の隠蔽といった不祥事をきっかけに、日本企業の取締役会に資本市場から厳しい目が向けられている。企業が持続可能なかたちで競争力を高めるには、取締役一人ひとりの質の向上が欠かせない。

株主に選ばれた取締役は、2つの責務を負っている。

一つは企業価値を高めるための戦略の決定だ。M&A(合併・買収)を含む大規模な投資や組織再編に踏み切るには、便益とリスクを大所高所か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン