/

この記事は会員限定です

ENEOS、仮想空間で新燃料

石油代替、高速解析で開発へ

[有料会員限定]

脱炭素への動きが加速するなか、ENEOSホールディングスが二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする合成燃料の開発を急ぐ。仮想空間で最適な素材を組み合わせ、高速シミュレーションを繰り返す独自のデジタル技術を活用。高効率の製造手法を確立して2030年代に商用化し、石油依存の事業構造を変革する。

欧州連合(EU)が35年までにガソリン・ディーゼル車の新車販売を事実上禁止する方針を打ち出した。今後、世界中で電気自動車(EV)の普...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン