/

(発創力 消費を動かす)部屋探し VRで新時代

不動産仲介、接触減らし時間短縮

[有料会員限定]

不動産賃貸や販売の最前線で、仮想現実(VR)を採り入れた物件紹介が広がりつつある。現地に行かなくても物件の間取りを画像で視聴でき、外出や人との接触を抑えられる点が、コロナ下で支持を集めている。VRでソファやベッドなどを配置してみたり、逆に居住者が退去前の物件では家具を撤去した部屋のイメージを確認したりする機能も好評だ。

VRを使った物件紹介システムの開発を手掛けているのはナーブ(東京・港)だ。同社...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン