/

この記事は会員限定です

コロナ後の日本企業(下) 自らにたゆまぬ変革を課せ

永野寛子・立正大学教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、日本企業にさまざまな影響を与えた。製造業およびサービス業ともに大きな打撃を受けて業績を下落させた企業が多数みられる一方で、コロナ特需と称されるような現象によって、業績を伸ばした企業も存在する。

もちろん、これらの差異は企業の属する業界の特質に大きく依存する。しかし、すべての企業に共通しているのは、新たな環境変化に対応するための能力を構築できるかが、コロナ後の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン