/

この記事は会員限定です

税務の評価、企業に通知

国税庁、「良好」「改善必要」など

[有料会員限定]

国税庁はこのたび、税務に関するコーポレートガバナンス(税務CG)の向上を促進する取り組みを見直した。従来は、適正申告を積極的に行う企業の税務調査の間隔を延ばしてきたが、これを変更。「良好」「改善必要」など国税当局の評価結果を企業側に伝えるようにする。

これまでは税務調査後、良好企業側に対し、その後の調査までの間隔を延ばすことを伝えていた。例えば1~3年ごとに調査していた企業に「2~4年ごとにする」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン