/

この記事は会員限定です

在宅医療、処方薬を宅配

クオール、服薬指導も遠隔

[有料会員限定]

処方箋が必要な医療用医薬品を宅配で受け取れる動きが広がる。調剤薬局大手のクオールホールディングス(HD)は在宅医療や介護施設向けに宅配の専門店舗を年内に10店出す。日本調剤はバイク便と連携した実証実験を進める。新型コロナウイルス下でオンラインでの服薬指導が解禁されている。2022年に電子処方箋(総合2面きょうのことば)の本格導入も控え、患者の利便性が高まりそうだ。

医療用医薬品は医師が処方し、薬剤師などが調剤する。飲み方などの指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン