/

この記事は会員限定です

メドレー、オンライン診療で攻勢

株高持続、早期黒字化カギ

[有料会員限定]

スタートアップのメドレーはオンライン診療事業の草分けとして知られる。新型コロナウイルス禍を機に規制緩和が進むなか、成長領域で攻勢を強めており、株価はコロナ禍前から3倍超になった。先行投資で採算が低迷するなか、安定収益源の人材サービス事業が創出した資金を有効活用し、成果を早期に示す必要がある。

「当社は売上高成長率を重視しており、積極的な投資を継続している」。瀧口浩平社長は5月の決算説明会でこう強調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン