/

この記事は会員限定です

LNG争奪、欧州参戦か

今冬、ロシア供給停滞・アジア需要増で

[有料会員限定]

「液化天然ガス(LNG)がまた足りなくなりそうだ」。エネルギー市場でこんな声が上がり始めた。寒波に見舞われた東アジアで2021年初めに奪い合いとなったLNGだが、今冬は欧州も争奪戦に加わるとの見方が強まっている。

ロシアからの供給停滞や東アジアでの需要増のあおりで、欧州の天然ガス在庫が例年にない低水準となっていることが観測の背景にある。日本の主要発電燃料であるLNG価格の上昇が電気代に転嫁されれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン