/

この記事は会員限定です

横浜国大 持続可能なモビリティシステム研究拠点

少人数輸送サービスに力

[有料会員限定]

横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区)の「持続可能なモビリティシステム研究拠点」(愛称・サスもシス)は2018年から、都市と交通の関係について企業や自治体と連携しながら様々な地域で研究活動をしている。

テーマは「過度なマイカー依存からの脱却」。活動場所は横浜市などの都市郊外が多い。高齢化、人口の低密度化、マイカーの有無による移動能力の格差……。同研究拠点長の有吉亮特任准教授は「都市郊外には都市と交通に関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン