/

この記事は会員限定です

新興勢、知財戦略に軸足

アイムビサイドユー、出願100件 競合登場を防止、大手企業と連携

[有料会員限定]

特許などの知的財産を重視する動きがスタートアップに広がってきた。ソフトウエア開発のアイムビサイドユー(東京・世田谷)は創業1年目に100件の特許を出願した。新型コロナウイルス禍で先行きの不透明感が強まるなか、競合の登場を防ぐ狙いがある。一方で特許を通じた大企業との連携も進む。「守り」と「攻め」の両面で、知財戦略の重要度が高まっている構図が浮かぶ。

「コロナ下で急成長を実現するには、知財戦略しかない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン