/

この記事は会員限定です

〈政策決定の変容 有識者に聞く〉国・地方対立、解決手順示せ

政策研究大学院大教授 竹中治堅氏

[有料会員限定]

小泉政権より第2次安倍政権以降の方が「官邸主導」は強くなった。内閣人事局の設置による人事権の掌握などが理由に挙げられるが、2005年、小泉純一郎首相が踏み切った「郵政解散」も影響している。

郵政解散の前段は00年11月の「加藤の乱」だろう。森喜朗政権の倒閣に動いた勢力に対して、野中広務幹事長らが除名や公認取り消しをちらつかせて鎮圧した。小選挙区比例代表並立制の導入で力が増した公認権を使った手法だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン