/

この記事は会員限定です

パナソニックのAI、倉庫・店舗の作業効率化

シフトや配送案を自動作成

[有料会員限定]

パナソニックは19日、人工知能(AI)を使って倉庫や店舗向けに現場の作業を効率化するサービスを始めると発表した。来客数予測に基づき従業員のシフトを自動作成するなど、2022年度までに約10サービスを投入する。ソフトをカメラなどとセットで提供し、継続課金型の収益モデルを想定する。

倉庫や店舗の作業は全体の状況を把握するのが難しく、倉庫内の荷物が滞留したり、店舗の人手が足りず欠品が起きたりしているという。パナソニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン