/

この記事は会員限定です

ロシア製ワクチン「スプートニクV」 ベトナム、量産合意

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】ベトナムが新型コロナウイルス対策でロシアとの関係強化に乗り出している。同国とロシア製ワクチン「スプートニクV」の生産を月内にもベトナムで始めることで合意した。月500万回分をまかなう方針だ。感染が広がるなか、南シナ海の領有権問題を抱える中国からのワクチンに依存せずに接種を進める戦略を描いている。

スプートニクVの生産は、ベトナム保健省傘下企業が最終工程を担い、当面は月500万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン