/

この記事は会員限定です

ビットコイン採掘電力、中国減

カザフ、世界シェア3位

[有料会員限定]

代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインのマイニング(採掘)に伴う世界の電力消費量に占める中国のシェアが4月、初めて5割を下回った。2019年9月は75%を超えていた。一方、カザフスタンのシェアはこの間に6倍となり、世界3位に躍り出た。

ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンス(CCAF)によると、ビットコインの採掘能力を示すハッシュレートに占める中国のシェアは4月、46...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン