/

この記事は会員限定です

「知の競争」を促す公共調達に

東京工業大学名誉教授(建築学) 仙田満

[有料会員限定]

この30年間、中国は国際コンペというシステムによって世界中の知を集めることに成功してきた。例えば2008年、中国で北京五輪が開催された。それまで五輪施設は開催国を代表する建築家が設計することが多かったが、北京五輪の主要な施設は海外の建築家の設計によるものだ。世界一流の建築家のアイデア、デザインが中国国内へと移転され、建築を学ぶ中国の学生たちにとっても最高の教材となった。

建築だけでなく、ほかの様々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン