/

この記事は会員限定です

保険契約 AIで自動化

三井住友海上、米ユニコーンに出資

[有料会員限定]

三井住友海上火災保険は中小企業向け保険の契約の判断を人工知能(AI)で完結させる仕組みをつくる。2021年度中に米AI保険大手ネクスト・インシュアランスと資本業務提携し、企業の信用力を自動で分析する技術を取り込む。AIでリスクを細かく把握できれば中小向け保険もオーダーメード化しやすくなり、保険料の引き下げにつながる可能性がある。

三井住友海上は7月上旬にネクスト社に出資した。出資額は非開示だが、数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン