/

この記事は会員限定です

大塚家具、親子げんかの結末

父の「匠」、百貨店へ攻勢

[有料会員限定]

大塚家具が9月に、家電量販のヤマダホールディングス(HD)の完全子会社になる。独立資本としての名門企業が消える一方で、創業者が会長として率いる匠大塚(埼玉県春日部市)が出店攻勢をかけている。百貨店は大塚家具が知名度を上げるきっかけになった縁の深い相手で、再び「本家」が入れ替わる皮肉な状況と言える。

匠大塚は22日、東武百貨店池袋本店(東京・豊島)に新店をオープンする。売り場面積は1200平方メートルで、170社以上のメーカーか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン