/

任天堂 「ダメゲー」歓迎

R-1王者芸人の企画爆売れ ソフト充実へ度量と深謀

[有料会員限定]

ゴールまで1兆マスのすごろく、駒種類が200超の将棋――。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」で、「R-1ぐらんぷり2020」で優勝した野田クリスタルさんが手がけたゲームがひそかな人気だ。不条理だけど、笑える独特の世界がファンの心をつかむ。異例のヒットの裏側から任天堂のしたたかなソフト戦略が見えてくる。

5月上旬、任天堂が発表したダウンロード版ソフトの週間販売ランキングがゲームファンの間で話題になった...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン