/

(フランス発) 植物のテーマパーク、神秘満喫

[有料会員限定]

コロナ禍で植物への関心が高まる中、風光明媚なロワール渓谷の街、アンジェにある植物のテーマパーク「テラ・ボタニカ」が存在感を高めている。

この地域は植物の移植に適した土壌と気候に恵まれて、6世紀に渡る園芸産業の伝統と歴史がある。それをたたえて、アンジェ市と管轄県が2009年に開設した欧州最大の植物のレジャーパークだ。

世界の植物(5千種類、約50万本)が生育する敷地内は、5種類の植物園、ミニクルーズ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン