/

この記事は会員限定です

対コロナ、反省点は 日本医師会会長 中川俊男氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が経済社会を襲って1年半。制圧への切り札とされるワクチン接種は軌道に乗ったが、ウイルスは変異を重ね、感染は再拡大している。この間、首都圏などでコロナ病床が逼迫し、医療の脆弱性があぶり出された。問題はどこにあり、対応は的を射ていたのか。日本医師会の中川俊男会長に聞いた。

病床、症状別の確保急務

――東京都は4度目の緊急事態宣言にもかかわらず人の流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2671文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン