/

この記事は会員限定です

知財訴訟に第三者意見

改正特許法、専門家らが提出

[有料会員限定]

5月に成立した改正特許法で、裁判所が特許権侵害訴訟で専門家らの意見を集める「第三者意見募集制度」が導入された。社会的な影響が大きい訴訟での証拠収集の補完手段となり、裁判所が幅広い意見を踏まえて判断できると期待される。

同制度に基づく意見は「アミカスブリーフ」と呼ばれ、米国では「特許訴訟ほか幅広い民事訴訟で活用される」(一色太郎・外国法事務弁護士)。4月に米最高裁で米グーグルが勝訴した米オラクルとの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン