/

この記事は会員限定です

細かいルール 負担増も

[有料会員限定]

日本はハラスメントを抑止する法令が細かすぎ、被害者側の負担を増やしているとの指摘もある。

現行法はパワハラはパワハラ防止法、セクハラや、妊娠・出産した女性に対するマタニティハラスメント(マタハラ)は男女雇用機会均等法で対応する。だが実際は、上司のセクハラに抗議した従業員が、別の上司からパワハラを受けるなど複合的な被害も多い。

滋賀大学の大和田敢太名誉教授は「被害者は各事案の問題を立証しな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン