/

この記事は会員限定です

脱炭素シナリオ分析が示すもの 温暖化対策、頑健さで評価を

杉山昌広・東京大学准教授

[有料会員限定]

気候変動緩和策が加速している。菅義偉首相が2020年10月に打ち出した50年までのカーボン・ニュートラル(温暖化ガス排出量正味ゼロ)は、改正地球温暖化対策推進法で法定化された。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」など、産業革命前と比較した気温上昇を1.5度に抑えるという目標と整合的で、非常に野心的な目標だ。

現在、審議会や論壇で長期気候政策の具体的な方策が議論されている。その際、エネルギーシナリオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン