/

この記事は会員限定です

「食のシリコンバレー」へ布石

シンガポールに代替たんぱく質企業が集積

[有料会員限定]

シンガポールの夕方、川沿いのレストラン1880で裕福な客たちは料理を満喫していた。主役はチキンのワッフル添え、鶏の包子(パオズ)だ。しかしこれは普通の鶏肉ではない。鳥の羽根からとった幹細胞で作られた培養肉である。

2020年12月にシンガポールは、世界で初めて代替たんぱく質の販売を許可した。「シンガポールが世界初の培養肉市場になったのは偶然ではない」と非営利団体グッド・フード・インスティテュート・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン